涙のあとだけが宙を走り、君は何も言わないで、ただ脆弱な身を引き裂いた。

そのとき、誰かの涙を飲み込んだ気がした。

痛みは連鎖し、掬い取る手も無い。

気休めでも君は、その時だけは、孤独じゃないのかも知れないと思ったのだ。


誰も救えない悟りだけれど。